横浜市歴史博物館

ホーム > 行動からえらぶ > 見る > 企画展 > R2(2020) > 俳優緒形拳とその時代―戦後大衆文化史の軌跡―

企画展

企画展
俳優緒形拳とその時代 ―戦後大衆文化史の軌跡―
B2_KENOGATA_fixOL.jpg

緒形拳は、1958年に劇団新国劇に入団以来、約50年間の長きにわたり、舞台、テレビ、映画など多分野で活躍した戦後日本を代表する俳優です。また人生の大半を横浜で過ごした「横浜ゆかりの俳優」でもあります。

緒形が活躍した時代は、敗戦後の日本が、そして既存のメディアがめまぐるしく移り変わる時代と重なっています。本展では、緒形ゆかりの資料を整理した東海大学と連携し、緒形の足跡から戦後日本の大衆文化史を俯瞰し、現代史に位置づける試みです。

展示構成

Ⅰ 新国劇と緒形拳

Ⅱ テレビから映画へ

Ⅲ 多様化する大衆文化の中で

Ⅳ 時代の転換期に

Ⅴ 舞台への回帰

主な展示品

緒形拳書画

パルム・ドール受賞トロフィー

台本、舞台小道具 など

開催概要

会期
2020年10月3日 (土) ~2020年12月6日 (日)
会場
横浜市歴史博物館
開館時間
9:00~16:30(券売は16:00まで)
休館日
月曜日(11月23日を除く)、11月24日
観覧料
観覧料企画展企画展・常設展共通
一般 500円(400円) 600円(480円)
高校生・大学生 300円(240円) 400円(320円)
小学生・中学生・横浜市内在住65歳以上 100円(80円) 100円(80円)

 

【日時指定オンラインチケットのご案内】

本展の販売開始は9月26日を予定しています。

 

主催
横浜市歴史博物館〈(公財)横浜市ふるさと歴史財団〉、東海大学
共催
NHK横浜放送局、横浜市教育委員会
協力
株式会社緒形事務所、KAAT神奈川芸術劇場

関連イベント

講演会「大河ドラマと時代考証 ─緒形拳主演「峠の群像」を素材に─(仮)」

11/7(土) 14:00~15:30

講師:大石学氏(東京学芸大学名誉教授)
会場:講堂
定員:60名
参加費:500円
締切:10/21(水)


講座「緒形拳とその時代 ―戦後大衆文化史の軌跡―(仮)」

12/5(土) 14:00~15:30

講師:馬場弘臣氏(東海大学教授)
会場:講堂
定員:60名
参加費:500円
締切:11/18(水)


トークショー「緒形拳の作品とその魅力(仮)」

11/21(土)午後 時間未定

豊川悦司氏(俳優)、貴島誠一郎氏(プロデューサー)
会場:講堂
定員:60名
参加費:500円
締切:11/4(水)


展示監修者・馬場弘臣氏(同前)による展示解説

10/10(土)、10/25(日)、11/8(日)、11/22(日) 各回 14:00~ 40分程度


参加費:無料(企画展チケットが必要です)
開始5分前までに講堂前にお集まりください。

展示図録

(図録の内容)

PAGE TOP