横浜市歴史博物館

ホーム > 行動からえらぶ > 見る > 企画展 > H31(2019) > “道灌以後”の戦国争乱

企画展

企画展
“道灌以後”の戦国争乱 横浜・上原家文書にみる中世
「太平記拾遣」「四十六」「太田三楽斎」東京都立中央図書館特別文庫室所蔵

室町時代の関東のヒーロー・太田道灌の子孫たちは、その後の争乱の戦国時代をどのように生きたのか。横浜市指定文化財・上原家文書を糸口に、道灌の子孫たちの動向に視点をすえて、関東の戦国動乱を読み解きます。

展示構成

(掲載準備中)

主な展示品

(掲載準備中)

開催概要

会期
2019年6月15日 (土) ~2019年7月31日 (水)
会場
横浜市歴史博物館
開館時間
9:00~17:00(券売は16:30まで)
休館日
月曜日(7月15日(月)は開館、7月16日(火)は休館です)
観覧料

(掲載準備中)

主催
横浜市歴史博物館
共催
(掲載準備中)
協力
(掲載準備中)

関連イベント

◎講演会(事前申込:申し込み受付は4月1日~です)

①6月29日(土)「太田資正と関東の動乱」
新井浩文氏(埼玉県立歴史と民俗の博物館学芸主幹)

①7月6日(土)「葛西城の攻防と東京湾の戦国」
長塚孝氏(馬の博物館学芸部長)

①7月13日(土)「太田道灌の子孫たち」
黒田基樹氏(駿河台大学法学部教授)

各日 14:00~15:30(受付は13:30~)

定員:170人 参加費:各回500円 場所:講堂

締切:①6月12日(水) ②619(水) ③626(水)


 

フロアレクチャー(学芸員による展示解説)

6月23日(日)、7月7日(日)、7月21日(日)14:00~

定員:30人程度 参加費:無料(企画展チケットが必要です)

 

※その他、関連イベントを企画しています。

展示図録

(掲載準備中)

PAGE TOP