横浜市歴史博物館

ホーム > 対象からえらぶ > 先生・子ども > 博物館デビュー支援

博物館デビュー支援事業について

文化庁横浜市歴史博物館(以下、博物館)では平成25年度より、文化庁の文化芸術振興費補助金「地域と共働した美術館・歴史博物館創造活動支援事業」に応募しました。その結果「学校内歴史資料室を活用した博物館デビュー支援事業」が採択され、各種の事業を進めています。「博物館デビュー」とは、これまで一度も博物館に行ったことのない子どもたちや、普段はほとんどご縁のない方を博物館に迎えるための支援や基礎づくりのことです。

本事業はおもに次の事業によって構成されています。1つは、学校内歴史資料室に保管されている資料の整理、展示やレイアウトの見直しをおこなうことによって、子ども達に学校内という身近な場所で博物館に親しんでもらおうというものです。また2つめは当館所蔵の街頭紙芝居コレクションを用いて、普段は博物館になじみのない方々へ足を運んでいただくためのきっかけ作りや、複製した紙芝居を持って地域の中で上演するアウトリーチ活動を中心とした事業です。

「歴史博物館」というとどうしても「大人向け」「難しそう」といったイメージがあり、社会科の得意でない子どもたちにとっては敬遠しがちな存在です。本事業は、博物館本来の役割や博物館がもつ資料の多様性などをとおして、学校や地域とともに現代の子ども達や未来の子ども達へ、横浜の歴史とそこに暮らした人々の知恵や文化を伝えていきたいと考えています。

「博物館デビュー支援事業」寄附金の募集について

 公益財団法人 横浜市ふるさと歴史財団・横浜市歴史博物館は、「博物館デビュー支援事業」を発展・拡充させ、より良い成果をあげてひろく共有できるよう努めてまいります。

 学校内歴史資料室を通じて子ども達に横浜の歴史や文化を伝え、「ふるさととしての横浜」を大事にする気持ちを育んでいくためにも、多くの皆さまからのご寄附を心よりお願いいたします。

募集期間・募集金額

 平成28年7月23日から平成29年3月31日まで
 一口 1,000円 より *寄附金箱へのご寄附の場合、金額は問いません。

ご寄附の方法

1 所定の「払込取扱票」を用いて郵便局にてお支払い
2 横浜市歴史博物館内の「寄附金箱」へのご寄附

ご寄附の特典<払込取扱票を用いてご寄附くださる方限定の特典です。>

*30,000 円以上ご寄附された方には、当財団運営施設の展示を1年間無料で
 ご覧いただけるパスポートを1枚差し上げます。
*ご寄附を顕彰するため、お名前を当財団のWEB サイトに掲載します。
(お名前をWEB サイトへ掲載することを希望されない方は、当財団総務課へご連絡ください。)

 「払込取扱票」を用いて三口以上ご寄附いただいた方は、個人住民税(横浜市民税・神奈川県民税)及び所得税の税額控除の対象となります。

後日、当財団より寄附金受領証明書をお送りいたしますので、詳しくは同証明書の裏面をご参照ください。*寄附金箱へのご寄附の場合、寄附金受領証明書の発行や税額控除は受けられません。

*寄附にあたってのご注意
 寄附をされるにあたり、次に挙げる基準に該当する場合、当財団は寄附金を受入れることはできません。
 (1)寄附金の受入れにおいて、次に挙げる条件等が付されている場合
  ア 寄附者が寄附金の対価として何らかの利益または便宜を要求すること。
  イ 寄附者が寄附金の経理について監査を行うこと。
  ウ 寄附後に寄附者が寄附金の全部または一部を取り下げることができること。
  エ 一旦寄附された寄附金を寄附者の意思に沿うかたちで譲渡または使用させること。
  オ その他理事長が当財団の運営上支障があると認める条件。
 (2)寄附金を受入れることにより、当財団の業務、財政、または名誉に負担又は支障が生じると認められるとき。
 (3)寄附金が、当財団定款第3条に定める目的の達成に資するものでないと判断されるとき。

詳しくはチラシPDFをご覧ください。    当寄附金の目論見書はこちらをご覧ください 

 

公益財団法人 横浜市ふるさと歴史財団

総務課  電話:045-912-7771
( 事業についてのお問合せ:横浜市歴史博物館 電話:045-912-7777 )

横浜市歴史博物館は(公財)横浜市ふるさと歴史財団が指定管理者として管理・運営しています。

本事業によって整備をおこなった学校内歴史資料室

学校内歴史資料室のある横浜市立小学校 大道小学校 釜利谷小学校 上矢部小学校 和泉小学校 矢向小学校 中山小学校 川和小学校 鉄小学校 中川小学校

大道小学校釜利谷小学校上矢部小学校和泉小学校矢向小学校

中山小学校川和小学校鉄小学校中川小学校

PAGE TOP