横浜市歴史博物館

ホーム > 行動からえらぶ > 見る > 企画展 > H29(2017) > テーマ展 三浦半島をめぐる交流

企画展

テーマ展
横浜発掘物語2017

「大昔の人は、なにを食べていたんだろう?」

「どんな家に住んでいたのかな?」

考古学は、遺跡から見つかる「モノ」を手がかりにして、過去のくらしを考える学問です。君も考古学者になって、横浜の昔を調べてみよう!

展示構成

<プロローグ>君も今日から考古学者!
考古学の世界へご案内します。

I. 横浜を掘る
発掘調査の方法や、その見つかった物を展示します。

II. むかしの暮らし・いまの暮らし
発掘調査の成果から衣・食・住を考えます。

III. 本物をさわってみよう!
本物の土器のかけらや石器をさわることができます。

IV. みんなで行ける遺跡
横浜市内にある、今でも見学できる遺跡を紹介します。

主な展示品

花見山遺跡(都筑区)で出土した土器 華蔵台遺跡(都筑区)で出土した栗 さわれる土器の一例

(上)花見山遺跡(都筑区)で出土した土器

(中)華蔵台遺跡(都筑区)で出土した栗

(下)さわれる土器の一例


<主な展示遺跡>

上の山遺跡・大塚遺跡・華蔵台(けしょうだい)遺跡・権田原(ごんたっぱら)遺跡・花見山遺跡(以上、都筑区)/矢指谷(やさしやと)遺跡(旭区)/泉警察遺跡(泉区)/北門(ほっかど)古墳群(緑区)/瀬戸神社(せとじんじゃ)旧境内地内遺跡(金沢区)/神奈川台場(神奈川区)

開催概要

会期
2017年6月21日 (水) ~2017年7月17日 (月)
会場
横浜市歴史博物館
開館時間
9:00~17:00(券売は16:30まで)
休館日
月曜日(5月4日は開館)・5月7日
観覧料
観覧料企画展企画展・常設展共通
一般 300円(240円) 500円(400円)
大学生・高校生 200円(160円) 300円(240円)
中学生・小学生 100円(80円) 100円(80円)

※( )内は20名以上の団体料金です。

●毎週土曜日、小・中学生と高校生は無料です。

主催
横浜市歴史博物館
共催
横浜市教育委員会
協力
後援-朝日新聞横浜総局・神奈川新聞社・産経新聞社横浜総局・東京新聞横浜支局・日本経済新聞社横浜支局・毎日新聞横浜支局・読売新聞東京本社横浜支局・NHK横浜放送局・TVK

協賛-モザイクモール港北
※日付印のある企画展チケット半券で、モザイクモール港北の観覧車に無料でご乗車いただけます。(1乗車定員4名、当日1回に限る)

関連事業

<関連イベント>

  1. 親子向け展示解説
    展示を見ながら、学芸員が解説します。(所要時間 約30分) 
    日時:4月22日(土)、4月30日(日)、5月3日(水・祝)、5月4日(木・祝)、5月6日(土)、5月7日(日)、5月20日(土)
    参加費:無料(ただし企画展チケットが必要です)
  2. 展示解説
    展示を見ながら、学芸員が解説します。(所要時間 約30分) 
    日時:5月14日(日)11:00~
       6月4日(日)11:00~、14:00~
    参加費:無料(ただし企画展チケットが必要です)
    ※横浜の遺跡展の展示解説と同時開催になります。
  3. VR体験
    日時:日時:4月23日(日)、4月30日(日)、5月3日(水・祝)、5月4日(木・祝)、5月6日(土)、5月7日(日)、5月21日(日)
    参加費:無料(ただし企画展チケットが必要です)

 

同時開催
(公財)横浜市ふるさと歴史財団埋蔵文化財センターによる「横浜の遺跡展」を同じ会場内で同時開催します。弥生時代中期の環濠集落である権田原遺跡の調査成果を展示いたします。

●講演会「港北ニュータウン弥生時代中期の権田原遺跡」 5/14(日)

会場:博物館講堂 資料代:500円
講師:鈴木重信 氏(元(公財)横浜市ふるさと歴史財団埋蔵文化財センター)
   伊丹 徹 氏(神奈川県教育委員会文化遺産課)
※申込み・問合せ:埋蔵文化財センター(TEL.045-890-1155)

展示図録

あり

PAGE TOP